Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gremz(グリムス)の月間インプレッションが1,000万回を突破...小さなプロサンプション活動の蓄積を代替して大きく可視化するアプローチ
・・・というわけで、またプロサンプション関連ネタですが、
素晴らしい事例があるので、
それをプロサンプションと絡めて、こちらLife2.0でも
ご紹介。
あちらにも書くかもです)

さて、もうご存知の方も多いgremzですが、
ついにこんなリリースが出ました!

環境貢献型ブログパーツグリムスが月間の表示回数1,000 万回を突破
http://www.gremz.com/release_data/release_080903.pdf

グリムスは、ブログ上でバーチャルな木を育てる育成型ブログパーツサービスです。登録したユーザーはそれぞれのブログ上でバーチャルの苗を育成し、ブログ投稿により大人の木に成長すると、ユーザーに代わってグリムスとその協力団体が植林活動を行っています。植林費用は、グリムス運営によって得られる広告費によりまかなわれています。
(中略)
グリムスは、今後も個人で手軽に行えるエコアクションの輪を広め、少しでも地球に貢献できるウェブサービスを運営していきたいと考えております。
(gremz)


ブログパーツとして、かなり大きな成功事例ではないでしょうか?

さて、
プロサンプション(生産消費)活動的な視点で見ても、
面白いと思います。

プロサンプションの中でも、
ブログのようなCGMって、
なかなか大きな価値になりづらい性質があると思います。

つまり、マスコラボレーションが起こりづらい。

たまにムーブメントが起こることもありますが、
大半は個人的な日記に終始してしまう、ある意味、
もったいないプロサンプション活動かも知れません。

そのような小さなプロサンプション活動の
蓄積の方向を指し示す役割
(=バラバラな方向を向いている砂鉄を
 同じ方向に向かせる磁石のような存在)
があるのが、
「環境活動」というコーズマーケティング的なアプローチ、
もしくはVisionであり、
「ブログパーツ」という手法である、
と考えることができると思います。

それを体現したのが、gremz、
・・・と言うと、キレイにまとまった感じがありますよねw
(実際にやってしまったのが、とにかく素晴らしい)

以上のようなスキームは、
まだまだ他にも色々と考えられそうですね。
【業務連絡】...8月31日のDENPAに行く人よろしくです。
まあ、タイトル通りですが。

僕は、「KYOKO STAGE」の方に行きたいと
思っとります。
18時くらいには入りたいなぁ、という感じです。

初参加なので、やさしくしてくださいw

というわけで、
もし行かれる方がいらっしゃれば、連絡取り合いましょう♪


※DENPAについてはこちら。
http://ameblo.jp/denpasta/
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2402706
http://coolsummer.typepad.com/kotori/2008/06/denpa-2.html
初音ミクのメジャー化がプロサンプション時代の扉を開ける...Re:packageの発売に想う
最近は、こちらのブログをがんばってますが、
ちょっと、これだけは、こっちで言いたかったので。

※というか、gdgdな記事になると思うのでw

※初音ミクについては、もちろん、あっちのブログでも、
 きちんと取り上げます。



というかですよ。

もう、ダメ。泣きそうw



まずはこれを見てくださいよ。
「Livetune feat. 初音ミク」スペシャルサイト

もうね。
一年間、追いかけ続けてきた身としては、
ついにこの日が来たか・・・
と、色んな感情をもって、
ただ、ボーっと曲を聞きながらサイトを眺めている訳で。



いやいや、
曲はニコニコ動画で全部聴いてるし、

CDが出ること自体も
Livetuneのブログで以前から認識してたし、

当然、amazonでアルバムの予約もしたし、

どうやら松屋で頻繁に曲が流れているらしいことも
Packagedのコメントで知ってたし。



心の準備はできていたはずなのに。



でも、ダメだ。

こうやって、

Webサイトでリアルに

目の当たりにすると。




一年前、Packagedを聴いたとき、
「時代は変わったな~」
と鳥肌立てながらも呑気に構えていたわけですが、

本当に変わってしまいました。



いや、嬉しいんですが、
反面、正直、悔しくもあり。

「何故、自分はそこに、

関わっていないのだ?」



と。



・・・逃げていたんですね、少しだけ。

「『初音ミク的なもの』『ニコニコ動画的なアプローチ』が
 重要になってくるとは思うけど、もしかしたら来ないかも」

「一時の流行で終わってしまうかも」

と、少しだけ、逃げていた気がします。



確実にそのうち、

「初音ミク的なもの」

が、どんどんメジャー化してくるでしょう。

・・・気を引き締め直した夜でした。



※最後に、ちょっとだけマトモな事を書きますと、
 Re:packageは、非商用なら自由に曲を使えます。
 それが、ビジネスとして正解かどうかは、
 分かりませんが、
 新しいアプローチであることは間違いないでしょう。
はてぶメモ015...Google の中の人への手紙 [日本のストリートビューが気持ち悪いと思うワケ]
Google の中の人への手紙 [日本のストリートビューが気持ち悪いと思うワケ]
(higuchi.com blog)
http://www.higuchi.com/item/385
ストリートビューに対する、各種日本人の様々な反応集。

※補足。
僕は、自分のはてぶに上記のようなメモをしました。

上記ブログ記事へのコメントや、はてぶ上でのコメントで、
さまざまなやりとりや反応が見られますが、
それ自体が、面白い。

で、自分のスタンスは?
というと、このエントリーに共感してます。
↓↓↓

グーグルにNO!と言えるニッポン - アンカテ
(アンカテ)
http://d.hatena.ne.jp/essa/20080808/p1
そして、その少数の中で、西欧と違う常識、違う歴史を持つ国は少ないわけで、そこで我々が異議を唱えなかったら、誰も気がつかないまま暗黙に埋めこまれた西欧の価値観が、地球全体のスタンダードになってしまいます

↑こういう視点から見た意見って、
 案外少ない気がしました。

ニコニコ動画上での剛速球でのネタのやりとりなども、
おそらく日本独自のものであり、
またコミケなどの文化が育ったのも日本独特の風土が
利いている気がしてなりません。

今度のコンテンツ産業を考える上でも、
「GoogleにNo!と言う」
ことは、重要な視座だと思います。

※僕もGoogleは大好きですが、
 それに偏ることは怖い、ということです。
ニコニコ動画は現代版トキワ荘...カオス感から生まれる次世代の表現
・・・とまあ、大層なタイトルを書いちゃいましたが、ようは、

赤塚不二夫さん:葬儀でタモリさん弔辞…私もあなたの作品(毎日jp)

赤塚さんがデビューしたころ住んでいた「漫画家の梁山泊」、トキワ荘仲間の藤子不二雄(A)さんが葬儀委員長を務めた。赤塚さんの後押しで芸能界にデビューしたことで知られるタレントのタモリさん(後略)


赤塚さんとタモリ、ロウソクショーやフンドシ姿で共演(ZAKZAK)

私たちが初めてタモリを連れて行ったのは新宿コマ劇場近くの『ジャックの豆の木』という伝説のバーです。筒井康隆さんや赤塚さんたち、論客ばかりがそろう場所でした。
 そこで4カ国語マージャンや韓国語の田中角栄、中国語のターザンなどがリクエストされてタモリのギャグが生まれていった。


を読んで、ふと、そう思っただけで、それをメモっておきたかったので。
筒井康隆の小説やエッセーなど好きで、よく読んだものですが、そのカオス感も、よくよく考えてみれば、ニコニコ動画そっくりだなあ、と。

筒井康隆、タモリ、赤塚不二夫が、とあるバーでひっそりと、打ち合わせなしの即興ギャグセッションをやっていた感覚が、今、ニコニコ動画で(しかもオープンに猛スピードで)再現されている気がしてなりません。
【お知らせ】プロサンプション研究ブログ、始めました...企業ブログとして
この前のこのエントリーでお知らせしたり、
あるいは、
広告系総会(夏)でお会いした皆様にはお伝えしていた

「企業ブログ」

がついにスタートしました!

『プロサンプション研究ブログ』


です。
「プロサンプションって???」
という感じかとは思いますが、
僕個人としては、これからの
マーケティング・コミュニケーションを考える上で、
外せないテーマだと考えています。

その意味や重要性などを
ブログ上で研究してまいりますので、
是非ご期待ください!


※個人的に、(仕事と被るし)
 Life2.0に書きたかったけど書きづらかったことも、
 プロサンプション研究ブログの方で書く予定です♪
はてぶメモ014...「Ameba(アメブロ)」が著名人オフィシャルブロガーを対象にした国内初クチコミネタ配信サービスを開始
「Ameba(アメブロ)」が著名人オフィシャルブロガーを対象にした国内初クチコミネタ配信サービスを開始
(CyberAgentプレスリリース)
http://www.cyberagent.co.jp/news/press/2008/0730_1.html
著名人ブロガーは受け取ったクチコミネタの中から、気に入ったネタがあれば、それをテーマに自身のブログ記事を投稿します。


※補足。

これって、案外、優秀なサービスだと思いませんか?
ペイパーポストと侮るなかれ、という感がします。

ネットとマスの力が、
最も単純に、しかし強力に繋がった事例になるかもです。

あと、
このサービスはもうひとつ、側面を持っていると思います。
それは、
「生活者がスポンサーの存在に気づく契機になる事」
です。

「あの有名な人がこう言っているんだから・・・」
というのは広告・PRの基本ですよね。

で、あんまりスポンサーの存在を意識していない
生活者もまだまだ多いと思うのですよ。
また、ブログへの書き込みなどは、
ステルスで行われる場合もまだまだ多いでしょうし。

それが、このサービスで、
ある程度の生活者は気づいてしまうのではないか?
ということです。

僕個人的には、それは良いことだと思いますし、
それだからこそ、
CAから提供されたネタのうち、
どのネタが自分の文脈に合い、
どのように自分の言葉で面白いエントリーに仕上げるか、
という芸能人の方々の手腕が問われるのだと思います。
はてぶメモ013...iPhoneデバイドというドラッグ
iPhoneデバイドというドラッグ
([mi]みたいもん!)
http://mitaimon.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/iphonefuture.html
それは、ひょっとすると、iPhoneデバイドという蛸壺化なのかもしれませんけど、そこは運用する者たちの腕(ゴースト)次第ってことでしょうね。

※補足。

流石、冷静だなー、と思いました。
この「蛸壺問題」はどんなコミュニティを考えるときにも
重要な視点です。

ニコニコ動画然りですね。
ニコニコ動画の場合は、
夏野さんがその「蛸壺」を叩き割る役目でしょう。

さて、iPhoneは?

ところで、
iPhoneボリュームはケータイ全体の3%くらいまでは
増える、と見られています。
個人的には3%はかなり大きく、
キャリアの勢力図に影響を及ぼすのは必死だと
考えてます。

しかし一方で、iPhoneを使い倒す人は、
その3%のうちの多くて2割程度でしょう。

・・・それでも50万人ですか。結構なインパクトですねw
今、計算してみてちょっとビックリです。

2割が使い倒すようになれば、
蛸壺ではなく、iPhoneデバイドと捉えられるかもです。
はてぶメモ012...iPhoneのAPIが次世代のHTMLでApp Storeが次世代のHTTPだ
iPhoneのAPIが次世代のHTMLでApp Storeが次世代のHTTPだ
(アンカテ)
http://d.hatena.ne.jp/essa/20080719/p1
iPhoneこそWe3.0のひとつの形。Webとリアル(フィジカル)との融合。入出力装置が「GPSとカメラとマイク」に。ネットのpull性にpush性が付与。

※補足。
上記のはてぶコメントは、記事の引用ではなく、
僕の主観も入っているので、ご注意を。

また、
はてぶコメントの内容も少し補足すると、
Web3.0議論がボチボチ出てきてますが、
「セマンティックサーチこそWeb3.0だ!」
的な主張がありますが、
僕としては、それでは少し狭い印象を受けます。

「検索の技術」が新しくなることがWebのバージョンアップ
ではなく、
「検索」という概念自体が変わることがバージョンアップ
だと考えているので。

Webとフィジカルの融合、
とか、
生産者と消費者の融合、
など、キーワードだと思ってます。

同じアンカテさんの
ネットの重心とリアルの重心の中間
も参考になると思います。
バーチャルカンパニーの可能性...広告系総会(夏)に参加して
みなさま、先週の金曜日での広告系総会(夏)では
色々とお話いただきありがとうございました!

・・・で、複数の方が、当日のお話の中や、
ブログ上でも語っていることですが、
あのような集合体は、
各広告会社を横断する横組織になるのではないか?
ということを、自分も書いておきます。

いや、そのような横組織は、
○○協会
という形で既に数多くあり、珍しくないのですが、
何か、そのような形とは違った可能性を感じます。

(まったく考察してないエントリーで恐縮ですが)
「自発性」
というのはキーワードになるのでは?
既得権益とかレッドオーシャン的ではない、何か。

・・・ちょっとうまく言えませんが、
例えば、
第1回よりは第2回の方が、
より具体的な話しを、みなさま、されていた印象があるんですよね。

第3回では、もしかしたら、みなさまの
「(あの場からシナジーが生まれた)成果発表」
とか、お聞きできると、楽しいかも知れません。


※また、
【お知らせ】ブログ、はじめます...明日の「広告系総会(夏)」の話しのネタとして
については、
当日お会いした方には、お話しさせていただきましたが、
順調に進んでおります。

スタートの際には、Life2.0でも告知いたしますので、
何卒よろしくお願い申し上げます!
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。