Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバックキャンペーンに参加してみるテスト...プレミアム・モルツ
ちょっと、ひとやすみ。
まあたまには息抜きです。

とゆーわけで、サントリーのプレミアム・モルツのトラックバックキャンペーンに参加してみます。
(やっぱりCGMは何事も体験っす)

【お題】
プレミアムなビールがもたらしてくれた“最高の時間”を教えてください。

・・・うーん、「プレミアム・モルツ」じゃなくて、「プレミアムなビール」なのね。。

というお題を正直に受けて書くとすると、やっぱり、
「料飲店で飲む、各国のビール」
が、自分にとっては、

「プレミアムなビール」

であり、まさに

「最高の時間」

です。
料飲店のビールは、値段は高いけれど、その店の雰囲気やその時の気分や料理に合わせて、選ぶのも楽しんで、気の置けない人と、ゆっくり過ごすのが至福。プレミアムなひととき。

外国のビールで一番最初にはまったのは、(ベタですが)ヒューガルデン・ホワイト。
あのオレンジピール(コリアンダーかな?)の香りがタマリマセン。
初めて飲んだときは
「これがビール!?!?」
と衝撃を受けたものです。
※酒税上は実は発泡酒扱い。スパイスが入ってるからねー。

あと、バスペールエールのドラフト!
ビンのものとまるで違います。
まったりとまろやかな口当たり。濃厚なコクと甘み。ボディの感じが黒ビールのようです。それで実際の後味は比較的残らない。
1杯目に最適ー♪
飲めるところがあまりないのが、玉に瑕。


・・・ってこの調子で書くと、お題には沿ってるけど、まったく「プレミアム・モルツ」のためになってないよーな気がするのでw
(実際は、トラックバックによりページランクが上がるはずなので、どんな内容でも、少しは「ため」にはなっている)
少しプレミアム・モルツについて。

プレミアム・モルツ、美味いっすよ。いやホントに。
ただし料飲店で飲む、ドラフト(生ビール)に限って。
生は華やかな香りが最高。そして味も繊細だと思う。
あまり、所謂、「酒の肴」的な味の強いものとは合わない気がします。
乾杯のビールとして、贅沢にぐいっと飲みたいですな。

でも缶はやっぱり劣ると思う。
味の落ち方が、他のものより、ちょっと大きい気が。。
(あくまで印象。それだけドラフトがよく出来てるとゆーこと)

缶だったら、やはりエビスに軍配を上げたいところです、個人的には。


あとついでに書いちゃいますが、「プレミアム・モルツ」が最高金賞と謳っている賞の「モンドセレクション」ですが、味だけではなく、(確か)むしろ品質管理に重点がある賞です。
だから、2年連続で賞をとっているのは、最高の品質管理のもとにビールがつくられている!という素晴らしい証ではあるのですが、あくまで「一番美味しい!」という評価ではありません。。
ここがサントリーらしい、「巧さ」だなあと。

※ちなみにあの「プッチンプリン」は、同じ「モンドセレクション」で「最高」ではありませんが、「金賞」をとっています。


まあ何はともあれ、サントリーのプレミアム・モルツのおかげで「美味いビール」に注目が集まってきたのは確か!
これからもどんどん日本発のプレミアム・ビールが定着してくれることを、願ってます♪


最後にバナーも貼ってみるテストw
「ザ・プレミアム・モルツ」ブログキャンペーン
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。