Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電脳卸のドロップシッピング...Web2.0をビジネスにする分かりやすい例
※これから数回、RTCカンファレンスに触発されたエントリが続くと思われます。なんて単純な私w

梅田望夫さんの「Web進化論」が世に提示した概念のインパクトは相当なものでしたが、最近のblog界では、
「では、実際、どーやって設けるのよ?」
に関して、議論が盛り上がってくる頃かと思います。
(なので、先日のRTCカンファレンス「ビジネスにするWeb2.0」があったわけですが。)

で。このサービス「電脳卸drop shipping」ですよ。
4月17日にプレスリリースがあったみたいです。全然気づかなかった・・・。まだまだっす、自分。

内容に関しては、上記リンクのフラッシュと、そのページから飛べる詳細を見ていただくのが、分かりやすいかと思いますが、個人的に気になった点を以下に。

・・・というか、「課金システムのASP公開」に尽きるかと思うのですよ。個人的には。

まさにWeb進化論で梅田望夫さんが予言していたスキーム通りですね。。。
予見する梅田さんもスゴければ、実現する木村さん(電脳卸を運営するウェブシャーク代表取締役大将)もスゴイ!

このサービスにより、誰もがEC(電子商取引)サイトを構築できることになります。

・・・このインパクトって、実は実は、ヤバイのでは?

・もしもメーカー大企業が卸会員になったら?
・もしも流通大企業が販売店会員になったら?
・もしもブロガー(≒将来的には生活者)全員が販売店会員になったら?
(まあ実際は、上2つは中々そんなことはないでしょうけど。でも3つ目はありえる。かも。)
(ただし、上2つに関しても、ちょっと議論が飛躍しますが、劇的なM&A(例えば楽天が買収する等)が起こった場合、絶対にないとは言い切れなくなってくるのでは?)


どのような1.0×2.0のシナジーが生まれるのでしょうか?

・インターネット主導で、リアル店舗の価格感が決まるようになる。
 (つまり、生活者の評判が、棚に影響してくる。今までは企業や卸の力が強かった。)
・生活者の「価格」に対する感覚が鋭くなる。
 (自分の興味あるカテゴリに関してはセミプロ化、してくるのでは?)

・・・つまり

・「情報の非対称性の破れ」が促進するばかりか、「商品価値がダイレクトに価格に反映するスキーム」へのシフト


が考えられます。

※そのような状況の中、広告を含むコミュニケーションはどのような在り方が望まれるのでしょうか?
まさに、「商品ブランド」≒「コミュニケーション」の時代になってくると思っています。

いやー・・・。これからがホント注目ですね。
このサービスも勿論ですが、他の超大手ECサイトの動向にも、です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとう!
うめちゃんコメントありがとう。
お互いがんばりましょう!
うめちゃんのブログで俺も勉強させてもらってるよ。
2006/05/05 (金) 11:40:38 | URL | ひ~ #-[ 編集]
ひ~様
コメントありがとうございます!
今後ともよろしくね☆
ひ~さんの領域(メディア売買)のことは、あまり詳しくないので、blogの更新、期待してます!
2006/05/05 (金) 14:16:01 | URL | うめ #-[ 編集]
ドロップシッピング
ドロップシッピングは、注目してます。CGMのある種最終形かなーと思ってましたから。
電脳卸のサービスでドロップシッピングがリリースされてるは、私は恥ずかしながら知りませんでした。
最近、サイバーエージェントがリリースしたドロップシッピング。日経の記事には、ドロップシッピングという言葉はまったく使われてませんでしたが(意図的かどうかはわからないですが)。
弊社は、WEB2.0×ブロードバンドをキーワードにビジネスを展開する会社です。
バイラルCMの市場を広げることが社運を握ります。

また遊びにきます。
トラバもさせていただきます。

2006/06/26 (月) 01:03:25 | URL | rocket #-[ 編集]
楽しみですね。
rocket様
コメントありがとうございます!
http://ds.d-064.com/howto.php
に、仕組みが公開されましたね。
7月の電脳卸のサービス開始が楽しみです。

> バイラルCMの市場を広げることが社運を握ります。

Google AdSenseの動画版サービスが開始されましたね。
今後、インターネット動画サービスが普及するのは、まず間違いないと思っています。
その中で、多くのビジネスモデルは広告に頼る形になると思い、そうすると、当然、バイラルCMも台頭していくると思います。
鍵は、
・クライアントや広告代理店が使いやすいインフラ整備。
・クライアント側の理解向上。
 (CGMの意味とリスクに対する)
ではないでしょうか?

では、今後ともよろしくお願い申し上げます。
2006/06/26 (月) 13:48:00 | URL | うめ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。