Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RTCカンファレンスに行ってきました!...可能性の模索の集合がパワーを生む!
いやー、エキサイティングな会でした。
4月26日、行ってきました、RTCカンファレンス!
(こちらで当日の様子をポッドキャストで聞けます。)

当日の参加者の感想は、こちらです。
沢山のログが集まっているようで、2日経ってしまい、若干乗り遅れた感はありますがw
自分の感想を書きます。

■「Web2.0をビジネスにしようとして面白がる」みんなが創る会
・この「RTCカンファレンス」では、毎度いろんなものがタダで提供されるようです。
(ポカリスエット、ポッドキャストシステム、中継システム、新創刊雑誌『FACTA』)
・この熱気がいいなーと思いました。(共創っぽくて)

■内容の濃い議論
・まずは、「ティム・オライリーのWeb2.0」が話しの枕でした。
・そして、電脳卸の木村さんと、ドリコムの内藤さんに対して、予め用意された質問を聞いていきます。
・(このようなまとめがあるので、)その全部は抑えませんが、自分の私見を入れつつ、興味の湧いた話題を、以下に書きます。

■2.0をカタチにするお二人
・Web2.0の定義なんぞは関係ない(こだわらない)というお二人ですが、自分もそう思う一方で、実は、お二人が今後展開していくビジネスの展望は、しっかりとWeb2.0の延長線に乗っかっているのでした。スゴイ!

・電脳卸の木村さん
⇒ドロップシッピング(直送)。
これはまさに、アマゾンなどによる「ASP公開」の延長線の究極とも言えるでしょう。
なんせ、blogの1つ1つがEC(電子商取引)の機能を持ってしまうのだから!
1.0企業の代表と言われる楽天が、どう動くのか、注目です。

・ドリコムの内藤さん
こちらをご覧ください。3つのトピックスを軸に、キレイに話しが展開していきます。
これらの話しで特に自分が気になったのは、social databaseの話しです。
要するに、「データを集めてくる仕組み」「データが増えるほどデータ価値が上がる仕組み」の2点がポイントとなります。(書くのは易し、実行するのは難し、ですが)
・・・何故、気になったかというと、コミュニケーションにより人(の心)を動かす際、そのデータの集合(blog、SNSなど)が、人を動かす仕組みをつくらないと、今後はダメなんだろーなー、と思ったからです。
まあCGMの話しですが。
でも、「自動商品評価システム」的なもの(キャンペーンの仕掛け)もつくれる可能性があるわけですしね。(現状、blogとかがその役割を負っているわけですが。)

■(厚かましくもw)自分で質問
・質問タイムになったので、「参加しないと!」ということで、こんな質問をしてみました。
「御社の『ビジネスに効く』広報活動を教えてください。」
・電脳卸の木村さん:尖ったことをやる。それだけで、プレスリリースが効果的になる。
・ドリコムの内藤さん:広報部がない!でも結構、評判が高くなるのは、他のマネをしてないから。
とお二人ともに、「自社が展開するサービス自体が、広報だ!」と、やはり最先端のコミュニケーション感覚を持っていたのが、すごーく印象的でした。

■ディスカッション・タイム
・架空のケース・スタディを基に、周囲の方々とディスカッションしました。
・自分が印象に残ったのは、やっぱりドリコムの内藤さんのモノの見方。
・曰く「M&Aによるサービス提供の拡張」。うーん鋭い。(下の方に書いてる話しと繋がってきますね。)

■名刺交換
・沢山の方々と交換させていただきました。
・ドリコムの内藤さんとの名刺交換の際、「マス広告とインターネット広告の関係」について、ちょっと面白い視点を伺えました。

■では、結局「Web2.0をビジネスにする」ためにはどうしたら良いのか?
・ゲストお二人が展開するサービスって、全部の会社が応用できるものではなかったりしますが、その一部を取り込むことは可能なのではないでしょうか?
なぜなら、

(BtoCにおける)インターネットのビジネスモデルは、「Eコマース」「手数料課金収入」「広告」の3つ(しかない)
(ドリコムの内藤さん曰く)


のであり、この3つどれかと関係ない企業はないと思うので。
・したがって、1.0的な既存企業に何が課題になってくるかというと、まさに1.0×2.0のシナジーの戦略的な創造を狙った「M&A」ではないでしょうか?
・んで、その典型例が、まさにYahoo!です。(ということに、今書いてて気がついたw)
・その絵を描けた企業が、今後勝っていくのでしょう。
・その意味で、オンライングループが、「考えること=Web2.0」という結論を出しましたが、まさにその通りだと思います。

■感想の総括?
・参加してホント良かった。
・この会で得られた知見と人脈と勇気を以って、これからも頑張れる気がします。皆様、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
(でも、みなさんのblog読んでると、2次会以降の方がも楽しそうだったなー。仕事ぶったぎって行けば良かったorz 次回は絶対いこー)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
本日は、第11回RTCカンファレンスに参加してまいりました。「RTCカンファレンスVol.11 『ビジネスにするWeb2.0』」RTCカンファレンスは、ずーっと気になっていたのですが、はじめての参加となります。WEB2.0をテーマにしたものとしてはこれで4回目となるそうです。Vol.10 『
2006/04/29(土) 02:44:22 | チミンモラスイ?
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。