Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテンツ制作力を取り込む重要性...博報堂と東北新社で博報堂ケトルを設立
昨日、「古墳GALのコフィー」について、こんなエントリ

でも、これって、将来的に広告の観点からも色んな可能性が見えてきたと思うのですよ。
コンテンツ制作が簡易に(予算も工程も)⇒プレイスメントが容易に。
と、いうふうに。


を書きましたが、タイミング良く(?)こんな動きがあるみたいです。

博報堂と東北新社は4月3日、既存マス媒体やインターネットなど各種媒体を使った広告と、広告以外の手法を総合的に組み合わせたキャンペーンを企画・制作する博報堂ケトルを共同出資で設立する。(NIKKEI NETより)


腰が重いこの業界も、風雲急を告げてきたということでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
東北新社|略称 = TFC|国籍 = |郵便番号 = 107-8460|本社所在地 = 東京都港区赤坂4丁目8番10号|電話番号 = 03-5414-0211(代表)|設立 = 1961年4月1日|業種 = 情報・通信業|統一金融機関コード = |SWIFTコード = |事業内容 = 映像ソフトの製
2007/02/13(火) 02:36:35 | いろんな会社のご案内
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。