Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナイキ・フットボール「JOGA BONITO」の事例...バイラルを促進するコンテンツとコンテクスト
ナイキが(相変わらず)オモシロイ取り組みをしています。

まずは、これを見てください☆



www.nikefootball.com





www.nikefootball.com


「JOGA BONITO」(ポルトガル語で「美しくプレイしよう~Play Beautiful」という意味)のコンセプトの下、ナイキ(フットボール)がキャンペーンを展開しています。
(訳は29manさんのblogより拝借。)

要するに、このコンセプトに共感するターゲット(特に中高生とかに多そう)に向けたブランディング活動です。(ファンづくり)

(多分)2月16日から、ネットのバナーやTVCMで、キャンペーンサイトに誘引しているようですが、注目は、その後。

今までよくあったパターンでは、サイト上でコンテンツ見せておしまい。
というのが、ヤマほどありました。いわゆる「TV to Web」というもの。
(しかもその内、ホントに魅力的で、実際にサイトに行って見たくなるものってあんまりないですよね。。)

が、
これはその先の「バイラルする仕掛け」があるのが秀逸です。
(というか、少し前に書いたこのエントリで紹介した手法です)

生活者のWebリテラシーの向上とともに、今後のスタンダードな手法になってくるでしょう。

ただ、やはりここで注意しておきたいのは、
「コンテンツが、面白かったり、興味深かったり、時流に乗っていたり等しないと、バイラルしない」
そして
「そのようなコンテンツをつくるためには、ブランドのコンテクストとのブリッジ以上に、コンテクスト自体の秀逸さが重要」
ということです。

Life2.0としては、
・オモシロイものにはノッかって、人に教えて共有したい。
・生活者は、自分のblogをある特定の人に読まれることを意識して書いている。(前のエントリでも書きました)

そして
・企業が発信するメッセージに敏感になりつつある。
ということではないでしょうか。
(だからこそ、企業はCSR等の取り組みに注力しはじめているのでは?)

さて、
冒頭に動画2つを(多少なりとも)バイラルさせてみましたが、
やはり、自分もこのナイキのスタンスに(も)共感するからです。

JOGA BONITO!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
色付きの文字v-40
2006/04/12 (水) 22:24:53 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。