Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、ちょっと気になった広告2つ...朝日新聞とニューバランス
ちょっとWebの話しが続いたので、ここで広告の話題を。

その1「朝日新聞」の「ジャーナリスト宣言。」

・・・うーん。。。
って感じですねぇ。最近やたらと見ますが。

クライアントとして、何を以って、この広告を展開しようと思ったのでしょうか?
・過去の報道を反省して?
・ジャーナリストとしての権威復活のため?
・最近、ネットで叩かれる傾向が強まるばかりだから?
・特に何も考えず、「原点に立ち返ってみました」系?

・・・うーわからん。まったく。狙いを教えてほしいです。真の。
個人的には、
ジャーナリストには個々人の見方の偏りがあるとの立場をとった上で、これからも(更に)堂々と今までのスタイルを貫くための起爆剤」
といった感じかなあと考えております。
少なくとも、「最近の叩かれ感」は意識しているハズなので。

さて、もう1つ気になった広告です。

その2「ニューバランス」の「FOR LOVE OR MONEY?

いやーこれは、久々にメッセージにやられました。
一言では、
「上手いな」と。そのポジションの取り方が。
少し挑戦的ではありますが、このスタンスに共感する人もかなりいるでしょう。
(私もその1人です。だからといって、アディダスやナイキをすぐに嫌いになるかというとそうではないですが。)

また、自分は電車ジャックで初めてこのコンテクストを体験したのですが、それがまた良かったと思います。
メッセージが際立ってました。
自分が体験した電車ジャック広告で、乗客の反応があんなに良かったのは初めてです。
みんな薄々思っていた、スポーツのあり方に対するマインドをくすぐられたのだと思います。

あと、ちょっと調べたのですが、ちゃんと根付いているのですね。この考え方が

ニューバランスは契約アスリートに「スペシャルメイド」のシューズを提供していません。国旗の色を模した「スペシャルカラーリング」などを施す場合はありますが、彼らは市販品と同じシューズを着用してレースに出場し、力を存分に発揮して、偉大なる結果を残しているのです。


うーん。素晴らしいですね。ブランドの理念がこんなにキチンと実践されていると気持ちが良いです。
「スポーツにお金をかける(FOR LOVE OR MONEY?のMONEYの)」方のスタンスやその企業自体の良し悪しを論じるのはナンセンスだと思います。
ただ、もう1つのスタンスを明確に取り、それを企業全体として立派に実践しているのが、素晴らしいと。なんで今まで知らなかったんだろ。


・・・さて、この2つの広告。
ともに、メッセージが極めて強烈だったので、取り上げてみたのですが。
なんとなくですが、両方とも時代を象徴しているなあと思うのです。

1つは、マスメディア・マスマーケティングの権威の象徴として。
もう1つは、生活者視点でのマーケティングの象徴として。
(ニューバランスには、これから期待したいです。ちょっと極端ですが、「はてな」的な経営アプローチ(経営の共有と公開)をしたら、もっと面白く興味深い企業になるかも知れませんね。)

今、カオス的に、その2つのスタンスが入り乱れている時代なのかなと思った次第です。
こういう現象も、やっぱり、パラダイム・シフトが起こるときの1つの通過儀礼だと思うのですよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かにオレも両方とも気になってたワ。

特に朝日の広告は一瞬見て??って感じだった。

だってあんなに事業展開して
稲垣五郎だとかペナルティとか使っていろいろやっていたのに、
いまさらジャーナリストって言われてもナー。

しかも最近、朝日記者のレベルが下がっていると判断できる事件がいろいろあるし。。

どっちかというとインナー向けの広告っぽい感じかもね。

いろいろあるけど原点に戻って社員一丸となってがんばっていこうぜ。みたいな(w

でもいち消費者からするとああいうの見せられるとすごく醒める。

現実と広告の世界ってある程度飛躍がないと面白くないし、やる意味がないけどあんまり離れすぎるとかえって逆効果だよね。

あんなことわざわざ言うまえにもっといい記事を書いて現実のレベルをあげたほうがいいと思います。

どうせだったら脱ジャーナリスト宣言くらい言ってくれたのほうが潔くて面白いのにね。
2006/02/06 (月) 15:53:10 | URL | きむさと #JV8YtDWc[ 編集]
きむさと様
コメントありがとうございます!
そう。醒めますよね。
そして、むしろそこが生活者の意識のシフトだと思うのですよ。

だって、ちょっと前(10年くらい前)だったら、すんなり成立していたコンテクスト(=我々朝日新聞はレッキとしたジャーナリストの集団である)だった可能性があります。

それが今は生活者の情報取得メディアが4マスだけではないので、そういうコンテクストの醸成は難しいというわけです。
※Googleで、
朝日新聞 問題
で検索するだけで、いろんな情報が得られる時代な訳です。。
2006/02/07 (火) 02:37:26 | URL | うめ #-[ 編集]
確かに。。

情報の非対称性ってもう完全に崩れているのかもね。価格コムなんて企業からしてみたらたまったもんじゃない(w

でもそういう情報も実は誰かによって作られたりしているんだろうからまたややこしいナー。

結局はメディアリテラシーの問題に起因するのかもね。

いろいろ考えさせられました。
いいブログだね。また来ます。
2006/02/07 (火) 13:14:59 | URL | きむさと #-[ 編集]
ありがとうございます。
今後も、ちょっとした刺激になるエントリを書いていきますので、Life2.0のご愛顧の程、よろしくお願いします☆
2006/02/09 (木) 23:56:47 | URL | うめ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。