Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Webの自由を制限するその2...Google vs America
えー、ここ最近のエントリでは、
「既得権益ややんごとない事情をもった1.0的な団体が、2.0社会へのシフトの促進に圧力をかけている。」
「けど、通過儀礼的なものかも知れない。きっと良くなっていくはず。」
といった事を書いてきましたが、とうとうこんな超大規模団体まで、Googleの躍進に危機感を感じているようです。

要は、アメリカ国家が、Googleをプライバシー侵害の悪役に仕立て上げて、再び情報の不自由による統制を強めようとしているということ。(多分。問題があったらご指摘ください)

むむむ。ついにこういう構図(vs国家)が来たか、という感じです。思ったより早い気がします。
(これから始まる闘争のホンの序曲に過ぎない気もしますが・・・)

ただ、記事先にもあるこのリンクを読む限りでは、データ提出に強く抵抗しているようで、少し安心しました。

中国市場では、一歩譲ってしまった形のようですので、ここは頑張ってほしいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。