Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残念なこと...Webの自由を制限するということ
残念、というかショックと言っていいような記事2つが目に留まったので、メモ的エントリ。

その1:Googleの中国市場進出に伴った特定ワードの検閲
うーん。。。Googleとしては、まず市場参入という選択をとったのでしょう。これから検閲の解消へ尽力してくれるものと信じたいです。

その2:ネット上で相手に不快感を与えただけで犯罪に
某巨大掲示板でスレが立っていましたが、まさにアメリカ版「人権擁護法案」の色を感じます。

さて、メモ的と言っても、ちょっとだけ視点を。
この2つの記事の根底に流れるものは、
Web2.0への嫌悪感
です。
※このリンク先の記事は、オススメです。

もう少し言うと、1.0的な既得権益がある人の、反駁とも言えるでしょう。
この視点は、これからのWebの進化において、ひとつの欠かせないポイントと自分は捉えています。
(個人的には、パラダイムシフトが起こる際の通過儀礼的な現象なのかなとも思っています。)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。