Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本国民総mixi?その2...mixiはWeb2.0の教育機関だった!
タイトルが「その2」となっていますが、その1はこのエントリです。

「その1」を書いてから、
「なんでこんなにアクティブユーザーの比率が高い状態で、指数関数的に(ネットリテラシーがそんなに高くないと思われる)ユーザーを取り込めるのか??」
という疑問があったのですが、考えがまとまってきたので書いてみます。
(まとまってみて、改めて笠原さんの戦略性の高さに気づいたのでした。。)

つまり、mixiは、
「Web2.0初心者の育成機関」(としての役割を自動的に果たしている)と言えます。
(そりゃユーザー数が伸びる訳だ。。)
どういうことかというと、
mixiの笠原さんの言葉を借りれば、

「mixi」の二大機能は日記とコミュニティ


です。
ここをとっかかりに論を進めていきます。

「日記」はすなわちWeb2.0の代表格でもあるblogですよね。
「コミュニティ」は自分の友人・知人以外に、あらたに交流をひろげていくための場ですが、それを探すために「検索」というWeb2.0には欠かせない行為が必要になってきます。
(またコミュニティを場として知識を共有する事自体がWeb2.0的です。)

さて、ここからが、自分は驚いたことです。
(気づいてみれば当たり前なのですが)
mixiは、(簡易ではあるが)RSS標準搭載のシステム(ブラウザ?)と言えます。

※RSSとはリンクにもあるように、自分で選んだblogの新着情報を、いちいち自分でそのblogサイトに行かなくても(=そのサイトを更新しなくても)、「新着情報があるよ」ということを知らせてくれる便利なソフトです。
これからより台頭してくるWeb2.0技術です。


mixiはマイミク(自分の直接の知人・友人(の関係をmixiのシステム上でも結んでいるmixiユーザー))の日記やその他コンテンツの更新情報が、自動的に自分のページに伝達される仕組みになっています。

つまり!
まずmixiは、友人・知人に紹介してもらうシステムをとっていますが、このシステム自体が、RSSのフィルタリングとして機能している訳です。
しかも、mixi参加の目的からすれば最も精度が高いフィルタ(選択基準)と言えるでしょう。
そのシステムのおかげで、友人・知人の近況が簡単に分かります。

・・・かなり周到だなあと思ってしまいました。
(もしくは意図せず、ユーザーの快適さ・使いやすさを追及した結果なのでしょうか。それともSNSという概念自体がそうさせたのでしょうか。)

というのも、Web2.0は上向きスパイラルにより、精度を増していくものです。
(使うユーザーが増えれば増えるほど、その利便性も増す構造。)

この性質を嫌というほど、Web2.0初心者のmixi初期ユーザーは味わうことになります。
すなわち「自分が積極的に日記を書いたり、コミュニティでコメントしたり、その他レビューをつくっていかないと、相手にされない(利便性を味わえない)」ということですね。

この一連の言わば「Web2.0利用の教育システム」により、mixiユーザーは、ほぼ何の抵抗もなく、利用方法を身につけていきます。
(なんか、「とにかくとりあえず英語を喋りたかったら英語圏の恋人をつくるのが一番早い」っていうのに似てますねw)

・・・
さらにもう1つだけ考察します。
それは、
「mixiの普及は、Web2.0の普及の先行指標となりえる」
ということです。
そして、ネットのハイエンドユーザー以外にも、これだけの普及を実現している状況を見る限り、
「Web2.0という技術は、実は生活者のニーズ・ウォンツを素直に開花させてくれる、馴染みやすいツール」
であるということが言えないでしょうか?

大きな大きなパラダイム・シフトは、実は意外とすぐ近くに迫っているかも知れませんよ。


※補足。これはGREEとの比較を論じたものではありません。自分はGREEのことは知識不足です。なので、「同じようなGREEが何故mixiより伸びていないのだ」ということは、また別で論議すべきことです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。