Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デジタルデバイドを超えるアプローチは「デジタル×アナログ」...e-耳が切り開く出版ビジネスの可能性
衝動的に書きます。

最近は、すっかりTwitterにはまってしまったのと、
プロサンプション研究ブログの方があるのとで、
こちらをあまり更新しなくなってしまいましたが、
感動したことがあったので。

それは、yuatetsuさんが最近はじめた試み
「e-耳」
です。

これ、

「インタラクティブ×マーケティング情報誌」

とのことなのですが、
リンク先がhtmlとかではなく、pdfなんですよ。

最初、
「え?なんで??」
とか思ったのですが、
こちらのエントリーのこの部分を読んで、
ハッと気づきました。

その意味では、「PDF」って、パワポなんかでつくれば「メール」よりも表現力があって、「デスクトップウィジェット」よりも、簡単で一般的。
(中略)
しかし、私のブログは平均で50~100PV程度、細々とやってます。それだとインパクトも少ない。でも、「PDF」なら、メールとかで転送してもらえる可能性もあるのかな、と。



そうなのです。
そして、pdfなら出力も簡単キレイにできます。
つまり、
このe-耳は、
インタラクティブ・マーケティングにあまり詳しくない人にも
ピッタリなんじゃないかと。
Webは苦手でも仕事上やらなきゃ、と思っている人の
格好の情報源になるのでは?と思った次第です。

朝、そういう方のデスクの上に、e-耳の出力が置いてあったら、
それはそれで読むだろう、と。


・・・以上が一番感動した点。
あとは、これですね。

とりあえず、次に準備したいと思っているのは、twitter上で動く「e-耳」のbot。@e-mimi 宛てにつぶやくと、そのまま返信で全文返信してくれるような。



これは是非実現してほしいですねー。
Twitterのbotを活用したビジネスは、まず間違いなく来ます。


というわけで、Life2.0は、
この、
「ネット上の情報を紙メディアに再編集する」
「Twitterを活用した情報の発散/収集をする」
という2つのスキームを応援します!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/18 (金) 18:24:21 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/03/03 (日) 19:58:34 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
- インタラクティブ×マーケティングPDF情報誌 -Consept1週間の仕事始めの前に、Web&広告業界に携わる方がのんびりとスタートアップできる、そんなPDF情報誌。- 「e-耳」 過去アーカイブ ?- ・?\"); //]]>--> ※ご意見、ご感想などコメント頂けたらすごく嬉しいです
2009/04/07(火) 16:31:23 | yuatetsu.in
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。