Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初音ミクのメジャー化がプロサンプション時代の扉を開ける...Re:packageの発売に想う
最近は、こちらのブログをがんばってますが、
ちょっと、これだけは、こっちで言いたかったので。

※というか、gdgdな記事になると思うのでw

※初音ミクについては、もちろん、あっちのブログでも、
 きちんと取り上げます。



というかですよ。

もう、ダメ。泣きそうw



まずはこれを見てくださいよ。
「Livetune feat. 初音ミク」スペシャルサイト

もうね。
一年間、追いかけ続けてきた身としては、
ついにこの日が来たか・・・
と、色んな感情をもって、
ただ、ボーっと曲を聞きながらサイトを眺めている訳で。



いやいや、
曲はニコニコ動画で全部聴いてるし、

CDが出ること自体も
Livetuneのブログで以前から認識してたし、

当然、amazonでアルバムの予約もしたし、

どうやら松屋で頻繁に曲が流れているらしいことも
Packagedのコメントで知ってたし。



心の準備はできていたはずなのに。



でも、ダメだ。

こうやって、

Webサイトでリアルに

目の当たりにすると。




一年前、Packagedを聴いたとき、
「時代は変わったな~」
と鳥肌立てながらも呑気に構えていたわけですが、

本当に変わってしまいました。



いや、嬉しいんですが、
反面、正直、悔しくもあり。

「何故、自分はそこに、

関わっていないのだ?」



と。



・・・逃げていたんですね、少しだけ。

「『初音ミク的なもの』『ニコニコ動画的なアプローチ』が
 重要になってくるとは思うけど、もしかしたら来ないかも」

「一時の流行で終わってしまうかも」

と、少しだけ、逃げていた気がします。



確実にそのうち、

「初音ミク的なもの」

が、どんどんメジャー化してくるでしょう。

・・・気を引き締め直した夜でした。



※最後に、ちょっとだけマトモな事を書きますと、
 Re:packageは、非商用なら自由に曲を使えます。
 それが、ビジネスとして正解かどうかは、
 分かりませんが、
 新しいアプローチであることは間違いないでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。