Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近藤淳也さん×渡辺英輝さん by四家正紀さん
・・・興奮をどう整理して良いか分からず、一日遅れちゃいました(笑)。
いや、ホント、刺激になりました。やっぱり「ライブ」はいいですね。

と、行ってきました「第3回Webクリエーション・アウォード」の記念トークセッション!
もう、書きたいこと、伝えたいこと、忘れないうちにメモっておきたいこと、トークセッションから沢山いただいたのですが、それは落ち着いて整理して、ゆっくり書いていきたいです。
(というか、そういう話題を自分で咀嚼して書いてゆくことが、このブログの1つの目的でもあるし)
と書いていると、近藤さんが早速こんなことを・・・早くはてなのアカウントとって、体験してみないとなぁ(笑)


とりあえず、今、この身体に残っている温度が冷めない内に、感情だけで残しておくと、

生で3人の肉声を聞けたのが何より!
・受賞者お二人が、どういう信念(=志)で取り組んだかが明確に分かりました。事業や施策の内容は分かっていても、それがどういう想いで成し遂げられたか、本人から聞けるなんて・・・!
・司会の四家さんの視点の鋭さが、また印象に残っています。ホスト役に徹していた感じですが、受賞者お二人の業績の意味を把握されて、要所要所でそれを解説してくださったので、非常に理解しやすかったです。
欲を言うなら、もう少し「あるトピックス」についての御三方の見解が聞きたかった。
(上記のウラハラではあるのですが)内容は、ある程度ネット記事をチェックしている人なら概要は知っていることでした。
(それの理解の深まりはハンパなくできましたが)
・(例えば「CGMの大衆化」とか)トピックスは何でも良いとは思うのですが、それに対する展望をもう少し聞ければ、という気もしました。
・・・ただ、こんな状況の中のトークセッションだったので、ある意味ライブ感はすごーくあって、それはそれで興奮しました(笑)。

もうなんか全然何書いてるか分かりませんが、最後に。
「セッション終了後、勇気を出して、直接話せて良かった」
です。何言か言葉を交わせたのがホント何よりです。それぞれに聞きたいことを聞けて最高です!(内容は咀嚼して。また明日以降。)
というわけで早速、渡辺さんにトラバ送らせていただきますm( . . )m
(プランナーとして「これから頑張って色んな障壁を乗り越えていこう!」という勇気を頂きました☆)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。