Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ継続のルール...ニコニコミュニティとニコニコモンズ
今回のエントリーは、ちょっと答えがない感じで失礼します。

お題は、「コミュニティ(と関連ビジネス)」。

書いてみようと思った契機は、このエントリ。

最強のコミュニケーションは“内輪ウケ”かもね
(ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦)
http://blogs.itmedia.co.jp/knowledge/2008/06/post-d84d.html

そしてこういう内輪というネットワークを構築するのに、今のニコニコ動画やTwitterはとても優れているのだろう。
(中略)
“内輪ウケ”という言葉は通常あまり良くない意味で使われるが、楽しくないコミュニケーションが続くわけはないし、濃密な会話を経ないと生まれないアイデアもあるのではないか。


このエントリを読んだ瞬間、
「確かにそうだけど、ひろゆきがこんなこと言ってたな」
と思い出したインタビューがあります。
それがこれ。

[OGC2008#03]「2ちゃんねる」と「ニコニコ動画」のひろゆき氏が語る,ゲーム・コミュニティ・文化
(4Gamer.net)
http://www.4gamer.net/games/015/G001538/20080301003/

「赤の他人とチャットしても,面白いとは思わないですからね」
(中略)
「人間に興味があるんじゃなくて,知識に興味がある」
(中略)
「属人情報をなくすと,コミュニティに参加しやすい」
(中略)
「コミュニティって,だいたい2,3年でつぶれる」
属人的な,要はハンドルを持っている人が会話をし始めて雑談が増え,そこにいたい人はそのままいた。でも,その場にいたい人の話って,面白くないんですよ。今日何食ったとかそんな話だから。そうすると他人から見て面白くない情報が多いので,新しい人が入ってこなくなって,新しい情報が少なくなって,廃れていくんですよ。


※ちなみに、このインタビューは、
 はてぶが700くらいついてるお化け記事。
 インタビュワーも秀逸で、珠玉の出来だと思う。必読。

・・・この2つの記事をまとめると、こんなことになるのかな?

「属人情報ではなく知識情報(コンテンツ)をベースとした
 情報共有コミュニティの構築が、継続性に繋がる。」

或いは、

「内輪ウケ・内輪ネタに、
 新しいナレッジを入れ、一般化を試みるスキームが最強。」

まあ、言ってしまうのは簡単だと思いますが。。

で、
ようやくタイトルに繋がるのですが、
ニコニコ動画(夏)で発表となる
ニコニコモンズ、ニコニコミュニティは要注目なわけです。
※「ニコニコモンズ」は「CC(クリエイティブ・コモンズ)のニコニコ版」

そもそも、
ニコニコ動画はコミュニティとして捉えられがちですが、
今はまだ、いわゆる「動画共有サイト」であり、
ただ、「コメント」の効用で、
「コミュニティ」の色合いが濃くなっている、
という理解が正しいと思ってます。

そのニコニコ動画が、
本格的にコミュニティの構築に乗り出すというわけです。
ますます目が離せません。

さて、ここからは全くの推測ですが、
「ニコニコモンズ」と「ニコニコミュニティ」は、
切っても切り離せない関係になるのではないでしょうか?

つまり、
「ニコニコミュニティ」が、
今までなかった「コミュニティ構築」を担うルールだとすれば、
「ニコニコモンズ」は、
今までの発表と創作の無限ループを継続させる、
つまり、コミュニティに新たな血を入れ続けるルール
になるのだと思います。

いずれにせよ、
7月4日に詳細が発表されるので、今から楽しみですが、
上記のような視点で内容を見てみようと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。