Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなから得た示唆...心を動かすポイント
今日は普通の記事。

昨日、とある面白い飲み会に参加させていただいた際、
はてなの中の方とお話しができ、
そこから、幾つかの示唆をいただいたので、メモ。


その1

実は、はてな(ユーザー)とニコニコ動画(ユーザー)の親和性って高いのでは?

まったく違うコミュニティだし、
「はてな=良質、ニコニコ=荒れる」
というイメージの違いもあり、
今まで(恥ずかしながら)まったく思いつかなかったのですが、
よくよく考えてみれば、
ニコニコネタを話題にするブログは、はてなが多い気がするし、
はてぶでもニコニコネタは人気です。

また、

・場の独自文脈がある。

・能動的。イノベーターが多い。

・何でも楽しんじゃえ精神がある。

みたいな共通項もある気がします。

・・・今まで「マジメ」なイメージがあったはてなですが、
実はものスゴくエキサイティングなことができる場
なのかも知れません。


その2

人は、自分が便利になることより、自分を良く見せる(誇示する)ことに、お金を使う。

いやー、これは目から鱗でしたね。
実は、
「プレミアム課金ビジネス」と「アバタービジネス」
の比喩なのですが、
なんかスゴく、物事の本質を突いている気がします。

アイドルマスターで、
様々なPがDLコンテンツをバンバン買って、
神MADをバンバンつくる、
という現象も、
この法則の拡大解釈で納得できます。

そもそも、
布切れの何倍、何十倍の価値が付くファッションなんて、
それそのものですしね。

また、MySpaceやfacebookが(mixiより)盛り上がる理由も、この法則で説明できそうです。

企業コミュニティの形成など、マーケティング・コミュニケーションビジネスに、広く使えそうな法則だと思いました♪


・・・以上、2つの法則は、
「『何かに関わろう』と思ってもらう源泉を考えるべし」
ということを、暗に示唆している気がしました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
人は、自分が便利になることより、自分を良く見せる(誇示する)ことに、お金を使う。 Life2.0さんのエントリからなんだが、すごくすごく納得できるのに、なかなか腑に落ちなかった。なぜか。 人間は、個人の尊厳、という概念を発明し、「自我」という巨大なマーケ
2008/06/20(金) 02:19:05 | 三茶農園
Webサービスへの課金モデルが上手く行かず、 モバイルでのダウンロードコンテンツ (着うた系、アバター系、ゲーム系など) の課金モデルは...
2008/10/15(水) 21:55:40 | Life2.0
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。