Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共有(シェア)する、ということ。
このタイトルも、言わずもがな、ここ最近のキーワードになってますが、この概念を地でいった、仰天(に見える)例がありました。
この記事を読んでみると、実はそんなに驚くことではない気もするのだが(Linuxの例があるので)、それでも企業経営というスタンスで考えると、かなり度胸のいることなのだとは思う。

最近、YahooやマイクロソフトがやたらとGoogleに対して対抗心を燃やす発言ばかりしているように感じるが、少しはLEGO社のような広い懐を見習ったらどうか?と思ってしまう(笑)。

やはり今までマイクロソフトが勝ってきた「ハードの独占によるソフトの普及」という戦略では、これからは厳しいということなのだろう。
「共有(シェア)の時代」なので。共有なくして成長はない。その意味でYahooも同じで、現状のスキームでのコンテンツ配信を続けていては、成長は止まってしまうのではないか?
Googleは、その共有できる(させる)技術(情報検索技術)ただ一点で勝っているからこそ、当分は強いのだと思う。

※ちなみに。
LEGO社は、このクリエイティブで今年のカンヌで屋外広告部門グランプリをとってます。
やっぱり自由な創造を許容する風土が、もとから存在するんだろーなー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。