Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテンツビジネスの可能性03...テレビとWebの融合はコンテンツビジネスで起こる
コンテンツビジネスに広告代理店が参入する可能性を考えてみる
エントリー第3弾です。

【第1弾】:iメディア単体では儲からん。
メディアとしてではなくコンテンツとして、周辺領域と連携しないと
効率が悪い。


【第2弾】:メディアセールスの代理ではなく、
コンテンツセールスの代理店になっていくべき。


で、第3弾ですが、
テレビ局の中の人と呑む機会があったので、
そこで出てきた話題を幾つかご紹介。


■テレビ局もいよいよ悩んでいる。
・昔からコンテンツコンテンツと一部では騒がれてはいたが、
 CMが売れなくなって、いよいよ本格的に
 (取り組まざるを得なく)なってきた様子。
・まずは、「Webコンテンツ単独でビジネスになるもの」
 (例えば、ケータイ課金コンテンツとか)
 「番組との連携が最小限で済むもの」
 (権利処理と情報経路の問題)
 との方針があるらしい。

■コングロマリット化についてはまだまだ不透明。
・どのような体制を敷くか、まだまだ見通しがついていない。
※Wikipedia貼っときます。

■代理店から見た現状のテレビ・コンテンツビジネス。
・まず、「CMを売るための付加価値」として捉えた場合、
 手間の割りに儲からない。
・感覚としては、1.1の手間をかけると、
 前年比0.9だったのが1.0に戻る、というくらい。
・次に、「CMセールス外におけるビジネス」とした場合、
 積極的に人員を投入し、テレビ局の該当部署に、
 人を貼り付けるフェーズに入ったらしい。(情報戦)


・・・とまあ、こんな感じの話しをしてたので、まとめると、

テレビ局もテレビ局に近い代理店の人間も、
既存ビジネスとの連携は念頭に置きつつも、
「新しいコンテンツ代理ビジネススキーム」の
模索が加速してきた。


といった感じでしょうか。
第2回までのエントリーや、前回のエントリーも合わせると、

「コンテンツ(代理)ビジネス」の模索は、
Web領域から外堀を埋める流れと、
マス・テレビ領域からWebへと拡張していく流れが、
そこかしこで融合しつつ、発展・整備されていく。


ということになるかと思います。
うーん、書いてまとめてみれば、何と当たり前な結論w

ただ、怖いのは、
「誰かがやるよ」的なスタンスをとってしまうこと。

じ ゃ あ 、 誰 が や る ん だ !

と問いたい。(誰にw)

・・・自分は自分でできることを精一杯やるつもりです。
こういった情報の発信と、実際の案件での動きですね。
まずは何か1つ、と思ってます。


※今回のテレビの話題については、
 あくまで僕が聞いた話しですので、
 「こんな流れもあるぞ」といった情報があれば、
 ぜひご指摘ください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うめさん、相変わらずバリバリ働かれてるようですね!
私は、ウェブ進化論、頑張って読んでますヨ。
私の生活は、この本で描かれている時代以前の状態・・・。強烈に時代に取り残されている感があります。
まずは取り急ぎ、もうちょっとWebを使いこなさないとねi-229
2008/01/22 (火) 21:14:45 | URL | ayako #-[ 編集]
バリバリ働いてます、はいw
blogあんなにマメに更新してるんだから、取り残されてないでしょ。
継続は力なりだよ、blogは♪
・・・で、もしあとひとつ何かWebサービスでおすすめ、ということならば、やっぱりニコニコ動画w
アニメコンテンツ多そうに見えるけど、歌ってみたとか、音楽ジャンルも面白いので、自分の好きなジャンルを探してみては?
2008/01/23 (水) 04:42:30 | URL | うめ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。