Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『クチコミの技術』番外編...ご本人様からご連絡いただきました!
ども、二ヶ月ぶりですw

いみじくも、前回のエントリーで、
「ブログは書き続けることが大事だけど、せめて読み続けても、それなりの効果がある」
ということを書きましたが、それも危うくなるような状況でしたw
(なんとかチェックしてますが。)

で、
『クチコミの技術』は読了したわけですが、
「みたいもん!」ファン(≒記事はほぼチェック)の僕としては、それが巧くまとまっている感じだなー、という印象でした。

ただ、新しい発見がなくても、再整理させたものを提示してもらい、再認識できただけでも良かったかな、と思います。
(もちろん、みたいもん!の記事が初見の方は、目いっぱいに意義がある本だと思います。ブログの本質を平易に語った良書です。)

これは、梅田望夫さんの『ウェブ進化論』にも言えることですよね。

やはり、「ブログ→書籍」は、コンテンツ進化の定石だなぁ、と、この件についても再認識したわけでありました。



さてさて、
その「みたいもん!」ですが、
個人的には、「ブログ界のタモリさん」という表現が気に入っていて、いしたにさんは、まさにそういう方だなあ、と。

つまり、どんなネタでも巧く咀嚼して、自分の文脈に持っていってしまう。
すると、PRコンテンツでも嫌味なく、むしろ興味深く読めてしまう、
という。

ところか最近の「新幹線ネタ」の記事は、ちょっとtoo much感があったのかなー、
なんてコメントを、ちょっと書き込ませていただいたわけです。

そしたら、ご本人様から
「スパム削除作業の際、誤って消してしまったので、再度投稿してもらえないか?」
というメールを頂戴しました!

これってスゴいことですよね?
こういった気遣い、なかなかできないですよね。

このオープンでフラットなスタンス(且つマメ!)が、αブロガーたる所以なんだなー、と実感した次第でございます、はい。
(自分も少しは更新しないとなーw)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。