Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミドルメディアに関する雑文01...モノの売れ方(買い方)のスキームが変わり始めている
売れるものの価値ならば、これは常に変わりつつあるのですが、
売れ方、つまり買い方のスキーム自体が変化しつつある、
というか、次のステージがあって、そちらのステージに移行する人がどんどん出てきた、という感じです。

具体的にいうと、
情報リテラシーの高低で、買い方のスキームが違うと感じます。

ヒットコンテンツの出方なんてみても、結構顕著なんじゃないでしょうか。

つまり、
マス情報に流されず、自分の趣味嗜好を重視する人が、インターネットによる情報の増加とともに、増えてきたと思います。

その背景には、以前のエントリーでも書いたミドルメディアの存在が大きいと思ってます。

ミドルメディア(マジックミドル)って、いくつかの種類があるような気がしていて、キリのいいところで、構造的に整理しなきゃいけないなぁ、と思っているのですが、その種類のうちのひとつに、「自動レコメンド生成メディア」があると思います。

以前のエントリーでは、「はてぶ」など挙げてますが、考えてみると、枚挙に暇がなくなってきているわけで。

ランキングものなら、なんだってそうでしょ。

極端なこと言えば、Googleの検索結果だって、ミドルメディアですw
(いや、結構ホントに。)


・・・ずっとなんとなく、そんな考えはあったのですが、このエントリーを書こうと思った直接のきっかけは、「クチコミの技術」です。
(おお、四家さんがレビュー書いてる!)

著者のひとりである「いしたにまさき」さんが書いているブログ「みたいもん!」なんて、ミドルメディアの1つとして捉えても良いくらい、ある属性に対して影響力のあるメディアだと思います。(事実アジャイルメディアネットワークに入っているし。)

その方が書いた本が売れない訳がないw

で、事実売れているので、考えていくと、ああ、そういうことか、と。

ミドルメディアに強い人は、ほかのミドルメディアを押さえやすい、ということも言えるかと思います。
(当然、ロングテールへの働きかけが上手なのは言うまでもないです、はい。)

雑文なのでまとまりがないですが、とりあえず。


追記。
このエントリーこんなトラバ先がついてます。美しいですよね。
さて、この2冊の本、読まなきゃ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。