Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共有欲求その3...WOMマーケティング(クチコミ)における1つの結論が出たのでは?
11月20日(月)RTCカンファレンス「口コミマーケティング」に行ってきました。
・・・いつものように、遅いレポートです。。

内容は、上記リンク先が一番詳しいwので言及しませんが、
個人的に何に一番役に立ったかというと、
クチコミは、やはり、これ

企業がCGMで成功する秘訣は「商品の品質」と「ネタの濃さ」
カレンの四家氏らが「Web2.0時代のCGM」を議論
INTERNET Watch


もしくは、これ

CGMで優位に立つには、
「エッジの立った差別的優勢のあるブランド価値」をクチコミされるようなブランド情報を設計すること
Life2.0


に尽きるのか。
ということが確信できたこと。

カンファレンスの内容としては(会場の形状のため致し方なかったのですが)ディスカッションタイムがなかったこと、(会場が無料なのでこれも致し方ないのですが)会場の費用をもってくださった企業のPRや本「口コミ2.0」のPRwといった前フリが長かったこと、上記結論以外の新しい要素がなかったことなど、ちょっと不完全燃焼感はあったのですが、とりあえず確信が持てたことは1つの収穫でした。

付け加えるならば、会場で
「ペイドではなくノンペイドでPR情報を露出させるコツは?」
という質問をさせていただいたのですが、
「人(メディア担当者)とのお付き合いを大切にすること」
というガリガリ君ブランド担当者さんのお答えは印象に残りました。

やはり「法人」が「人」の感覚をもって、CGMの世界に飛び込んでいくのと同じスタンスですよね。何事も大切なのは。
きっと露出の仕方にも影響してきますよね。
(好感の持てるブランド担当者ならば、良い形で紹介してあげよう、とメディア担当者も思うはず。)

ただし、それでもやはり、
「エッジの立った差別的優位勢のあるブランド価値」がある商品・サービスブランドであれば、メディアとしても取り上げやすい、
という側面も指摘しておきたいところです。

・・・という感じです。
とにもかくにも、ブランドって、ブランド担当者の人柄がそのまんま出るもんだ、と思ったカンファレンスでしたw
ガリガリ君似の萩原さん(ガリガリ君ブランド担当者)に拍手!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。