Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Google」と「広告ビジネス」の親和性...「Google×YouTubeはコンテンツの無料視聴をビジネスにするアプローチ」はその思想の一部に過ぎない
筆が乗ってきました。

前回のエントリで提示した問題

で、冷静に見ると、
テレビ媒体の広告代理店の役割そのものなんですよね、Googleが。
閲覧チャネル(TV/ネット)の違いはあれど。

この構造で損するのは(コンテンツを持つ)テレビ局でもGoogle・YouTubeでも、まして生活者でもなく、広告代理店です。


は、一旦(というか当面?w)おいておくとして、
「Google×YouTube」を別の角度から見てみましょう。

前回、このタッグがビジネスとして成立する理由を、

さて、
まずはGoogle AdSenseの構造について。
これは簡単ですよね。

Web製作者(もちろんブロガーとかも含む)が、自分のサイトにあり、自分に権利のあるコンテンツに対して、Google AdSenseをつかって広告を入れます。
そうすると、そのコンテンツを読みつつも、それに関連のある広告情報に興味をもった読者が、その広告をクリックすると、広告出稿主は、Googleにお金を払います。
そのお金を、コンテンツを有するWeb製作者に支払い、残りを自分たちGoogleの利益としているわけです。

で、
この考え方の応用が、Google×YouTubeのビジネスモデルです。


と説明しました。
ここでのポイントは、

「生活者の興味あるコンテンツ(=情報)を基準に、それと広告(=情報)を紐付ける」

ということです。
生活者に興味がありそうな広告を入れることで、広告は有益な「情報」になります。

ところで、
「Googleの使命」って、ご存知ですか?
あまりよく知られていないと思うのですが、このページでキチンと公開されています。引用してみましょう。

Google の使命は、Google 独自の検索エンジンにより、世界中の情報を体系化し、アクセス可能で有益なものにすることです。


ポイントは、
「世界中の情報」
と表現していることです。
「世界中のWeb情報」
ではないのです。

つまり、Webにある情報は勿論、リアルな書籍に書いてある情報や、テレビ番組コンテンツや、企業が出したいと考えている広告など全てを指しているのです。

では、それらの「情報」を「有益なものにする」とはどういうことでしょうか。
それは、「生活者が求めている情報を提供しやすくする(アクセス可能にする)」ことに他なりません。

これで、見えてきたと思います。

つまり、
「生活者の興味あるコンテンツ(=情報)を基準に、それと広告(=情報)を紐付ける」
という広告ビジネスは、Googleの使命に含まれるのです。

「Googleという存在」と「広告ビジネス(の本質)」は極めて親和性が高いと言えるでしょう。


・・・以上のようなことを念頭におくと、
「Google×YouTube」も極めて明快に理解できるかと思います。
そう、Googleは単にその使命をまっとうしようとしているに過ぎないのです。
世界中の情報のアクセスのし易さを向上させているだけなのです。
そして、
営利企業からは、その「情報整理代」としてお金をもらっているということです。
※もう少し付け加えるならば、以上のことから、Googleは「BtoB企業」と言えます。「BtoC企業」ではないのです。
だから、生活者はGoogleを無料で利用できるのです。
というか、もっと言うと、「生活者のGoogle利用」が、「BtoBビジネスを生む源泉」になっていると言えます。ですので生活者のGoogle利用料を無料にするのは至極当然と言えるでしょう。


さて、
以上の議論をベースに、次回は
「Googleケータイ」
について考えてみたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。