Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動画の玉石混合の自動選別が進む可能性...YouTubeがGoogleに買収される噂からの考察
前回の記事で、

で、それを実現させるには、莫大な投資をしてインフラをつくっていく必要がありますが、(もう既に莫大な投資をしている)YouTubeは明らかにベンチャーであり、(これ以上の投資をして)自前で巨大な2つの勢力に対抗しようなんて、考えているのでしょうか?
(いやもしかしたら考えているのかも知れませんが・・・。)
結局のところ、exit(友好的なM&A)を狙っているのだとばかり思っていましたが。


ということを書いたら、なんとタイミング良く(?)、こんなニュースが飛び込んできました。

GoogleがYouTube買収を交渉中か? WSJが報じる
GoogleがYouTubeを16億ドル近い金額で買収する交渉を行っているが、決裂する可能性もあるとしている。(ロイター)
(ITmedia)


いやー、来ましたね。しかも大本命が。
まあ、もっとも、こんな記事も

「グーグルがYouTube買収を検討」の噂--「確度はよくて40%」とTechCrunch
(CNET)


という感じなので、全然確定ではないですが。。

日本のブログ上でも早速いろんな意見が出ているようでして、しかもその噂に対して否定的な論調も少なくないです。

・・・確かに今回の話は噂に過ぎないのかも知れません。
でも、なんかもう少しポジティブに捉えて、ビジネスモデルの可能性を議論していっても良い気がするのに、あまりそういう論調ではなく、「今のYouTubeを優良企業となったGoogleが買うのは危険すぎ」という感じなのは、ちょっとなあ、と思ってます。
あと、
「Googleはインターネットのインフラを目指しているわけであって、YouTubeよりもMySpaceとかAmazonなどの個人情報を持つ企業を買収すべき」という意見も見受けられましたが、それもちょっと違和感を感じます。

というのも、Googleは、個人情報を把握して、世界を征服したいわけではなく、「世界中全ての情報を誰もが使いやすい形に『整理』する」というミッションをもっています。
※本日、ACフォーラムに参加してきて、タカヒロ様の講演もありましたので、その話題は、また次回のエントリで書きますが、ちょっとこの話題とも関連します。
であれば、個人情報という最終的なものよりも、整理すべき情報はまだまだ沢山あるわけで、その点を考慮すれば、まずGoogleが遅れをとっている動画コンテンツに手をつけるのは、むしろ至極もっともな戦略かと、個人的には思うわけです。

ちょっと荒い文書で申し訳ないですが、素直にはこう思うわけです。


さらに、想定されるビジネスモデルの話も少し書くと、それはもう、素直に、YouTubeのサイトの中に、アドセンスが入ってくるわけです。当然、レコメンドにも動画版のアドセンスも。
加えて、ブランドサイト(この記事参照)との連携もよりスムーズになるのでしょう。

つまり、(YouTubeを見る環境におけるコンテクストを考慮すると)よりエンタテインメントが求められるわけで、そうでない(所謂広告っぽい)動画コンテンツは淘汰されてしまうでしょう。

そのような「自動的な玉石混合選別装置」がWeb上にできつつあるんだなぁ、というのが実感です。仮に今回のM&Aが巧くいかないとしても。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。