Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Life2.0コンテストβ...2.0コンセプト普及のジレンマ
・・・まあ、結局バスワードになったってことですよね。2.0

というのは、これ

まあ、別にいいんですよ。
ネタをWeb上で集めて、生活者に評価までさせて、玉石混合の自動選別も行い、それを出版するってアプローチも、Web2.0が絡むビジネスモデルの王道っちゃ王道だし。

面白い投稿もあるし。

でも、どうせなら、wikiとかにして、投稿ネタを編集できるようにしておいて、ネタの精度を上げ、編集なしで出版する!くらいの思い切りをやってほしかったかも。かも。

で、さらに、定義と、例がなあ。。なんだかなあ。

昨今、インターネットで賑わっているブログやSNSといった参加型メディアは、インターネットの進化を表すWeb2.0の1つの要素とされていますが、Life2.0は、Web2.0の参加・共有の考え方をヒントに、日常生活を進化させる面白い2.0のアイデアを募集し、ユーザー同士が共有して楽しんでいただこうと企画いたしました。
(Impress R&D)


って書いてるにも関わらず、すぐ下に書いてあるLife2.0のコンセプトが

1.0は見ている世界、常識にとらわれた世界、現状維持。努力をすれば成果はあがるか、進化はしない。 2.0は新ルール・新発想で日常を面白く変えること。身近なことから始めるプチ・イノベーション。


で、
その例が、

通勤1.0→急行電車に乗る
通勤2.0→スケボーで行く


だもんな。しびれる。

別にコンテンツのアウトプットが変わるわけではなく、その生成プロセス構造のパラダイムシフトの象徴が2.0的コンセプトのエッセンスだと思うんだけどなぁ。
(なので、Life2.0は、そのプロセスを担う生活者の意識のシフト。ネット(の先にいる一般生活者)への信頼(と既存メディアへの疑問提示)、積極的な共有、既得権益の打破...etc.)
まあ面白きゃいいのかなぁ。

せめて、この例は、

通勤2.0→通勤しない。好きな場所で働く。

くらいにしてほしかったなぁ。スケボーの例ってなんか誤解される気がするんだけどなぁ。
でもこんな例(通勤しない)じゃ、面白くないのかなぁ。うーん。。

いや、これ、投稿しませんよ。
インプレスさんのニュースリリースへのトラックバックはしますがw
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。