Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YouTubeの有望なビジネスモデル...Branding2.0とはまさにこのような構造で達成されるのでは?
2週間ぶりのエントリ、失礼します。。
(いや、仕事と本blogの内容があまりにも被って・・・w書きづらいw)

何といっても、これを書かないと。
自分は、YouTubeを応援していて、
「(コンテンツのソース構造が違うのにも関わらず)(ナップスターのような運命を辿って)もう潰れるよ」
とか言う声を聞くと、思わずむかついてしまうのですが、遂に来ました!

ユーチューブ、新広告コンセプトを発表
(中略)
ビデオ共有サイトは、プリロール型ビデオ広告を採用すれば手っ取り早く広告収入を上げられる。しかし、アドウィークによると、ユーチューブのCEOであるチャドハーリー氏にその気はないようだ。ここでも出てくるキーワードは「engagement」。
インターネット広告の秘密


同社 CEO 兼共同創設者の Chad Hurley 氏は声明のなかで、「当社の構想は、コミュニティと広告主の両方が喜ぶ新しい広告プラットフォームを構築することだ」と記している。

Paris Hilton Channel には、Paris Hilton の動画12本と、スポンサの Fox が提供した Prison Break の動画1本が置いてある。見た目も通常の YouTube インターフェースと異なり、Paris Hilton の初アルバムジャケットの印象と合わせたものだ。
japan.internet.com


いやー、来ましたねぇ。
何より、安易な広告閲覧モデルを採らない気概が素晴らしい!というか、本当にビジネスを成功させようと思ったら、その選択肢しかないんだと思います。

つまり、YouTube利用者の期待を裏切らないこと。
インターフェイスの心地よさにこだわり続けること。

その中で、ブランドがどのようなコンテンツを提供できるか?を広告主と模索し続けること。

そのような中、生まれたサービスに思えます。
・・・好感、もてますねー。

つまり。
Branded Entertainmentを提供するインフラになりつつあると思うのですよ。
で、自社サイトでやる違いは、SNS性、つまり他のレコメンド動画との繋がり。
人気がある話題との繋がり(≒社会との繋がり)をブランドに活かせれば、そのYouTubeパワーをそのまま自社ブランド(の動画コンテンツ)に活用できます。

すぐに思いつくのは、このYouTube上のインフラを活用した、キャンペーン。
例えば。
・まずは、ブランドページをつくる。
・次に、いくつかの動画コンテンツをアップする。
・そして、積極的に、素材(画像、動画の断片、音楽...etc.)を提供する。
・で、パロディビデオをYouTube上へアップしようキャンペーンを実施。

・盛り上がった結果、ブランドサイトへのトラフィックが構築され、さらなる盛り上がりが期待できる。

・・・みたいな構造のキャンペーン。

まあ、日本の事例で喩えるならば、mixiのオフィシャル・コミュニティに近い感覚かな。

これは案外、すぐに投資の回収見込みがつくかも、YouTube!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
前回の記事で、で、それを実現させるには、莫大な投資をしてインフラをつくっていく必要がありますが、(もう既に莫大な投資をしている)YouTubeは明らかにベンチャーであり、(これ以上の投資をして)自前で巨大な2つの勢
2006/10/10(火) 01:13:07 | Life2.0
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。