Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おぉ、記念的第1回
なのに、特に良いネタ思いつきません!
・・・設定だけで疲れ果てた。。

これから無理せず続けていけたらいいなぁ、
と思っていますので、よろしくです。

・・・
挨拶だけでしゅーりょー


では寂しいので、1つだけ。

ようやく1日だけ取れた夏休みなので、
積極的にテレビを見てみて、、、

「やっぱりつまらんなぁ」
と思いました。無駄な演出多いよねぇ。

インターネットが「インターネット的」に進化している今、地上波コンテンツの変化のスピードは遅いと感じてしまう今日この頃。
と、書いてて気づいたけど、
「旧体質なコンテンツ」の受容層は、「デジタル・デバイド」でパッツリ2つに分けると捉えやすいかも。

1.娯楽メディア=テレビの方(主に年配)
2.3窓~ケータイ、PC、テレビ~の方(主に若者)

1は減ってはいくが、いまや視聴層の主力。
2は増えていく。しかもテレビの見方は受動的。
(ちなみに、将来2だけになるかというとそうは思わない。その話しはまた後日。)
だから無くならないのかな、そういう番組。ぬるま湯で見られる安牌的コンテンツ。両方の属性に受け入れられるから。


・・・
うん、やはり自分の考えを文字に定着させることは、大切ですね。たとえ拙い思考であっても、成長があればいい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/opehome/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/opehome/?mode=edit&title=%93%FA%81X%90%A5%96%CF%91z%2E%2E%2Econtents%2C%20context%2C%20communication%2C%20and%20so%20on%2E%20&address=http%3A%2F%2Fdreamyou%2Eblog26%2Efc2%2Ecom%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/opehome/?mail

2005/09/27 (火) 13:12:12 | URL | みんなのプロフィール
#-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。