Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メモ01...「Web2.0は生活者の各興味領域における情報感度ランクを可視化した」ということが(改めて)分かった
いや、急に思いついたのでメモです。

長い題名ですがw

でも、この事実って、実はきちんと意識しなきゃいけないんですよね、コミュニケーションをプランニングする立場としては。

だって、
TVCMなどのマスコミュニケーションが明らかに届いてなくて、
バリバリのWeb系(YouTubeとかニコニコとかはてなとか)の情報が届いている属性って、明確に存在するので。

ってことは、
ロジャースが唱えた普及理論(イノベーターとかアーリーアダプターとか)が、目に見える形になってきたってことですよね。

今までは理論としてはよくできていて、実際のモノの普及とかも、そういうふうだったと思いますが、いざマーケティングとして実践しようとすると難しかったですよね。

でもこれからは、そのランクが(まだ曖昧ではありますが)可視化されているので、非常にやりやすくなったのでは?

と今、思いついたので、メモ。

※ブログマーケティング考察については、次回あたりで~
スポンサーサイト
YouTube日本語サイト開設とキャズムを超えること...YouTube各国サイト開設の雑感
ブログマーケティング考察が途中ですが、こんな話題が飛び込んできたので、雑感を。

・アーリーアダプターから、アーリーマジョリティー以下のフォロワー層への拡大(キャズムの超越)に一役買う可能性。

・そうなったときに、YouTubeが抱える各種問題が、より顕在化する可能性。

・国を超えたコンテンツバイラルがしづらくなる懸念。
 (オススメなどの機能を充実させることで回避?)

・としたときに、やはり日本は著作権問題がより顕著に?

・ということを踏まえた、スカパーとの連携プレーだろう。
 (これは見事。こういう関係性が今後も増えてくるのでは?)

・ニコニコとの住み分けは続く予感。
 (というより、イノベーター層は、よりニコニコへシフト?そうすると、ひろゆき氏の目論見は見事に当たることに。)

とりあえず、こんな感じっす。
ミドルメディアとしてαブログが機能するためには01...ブロガーと広告主との関係性(メモ)
前回のエントリーで、
「『みたいもん!』さんの新幹線関連の記事エントリーにコメントを書いたら偶然にも云々話」
という記事を書いてアップする少し前、偶然にも、「インターネット広告のひみつ」さんで、こんなエントリーが上がっていました。

新幹線「N700系」試乗会にブロガーを招待
2007年5月23日、東海旅客鉄道はメディア向け試乗会に著名ブロガーも招待。今回のブロガー向け試乗会以外にも、ブロガー向け記者会見、ブロガー向け試写会、ブロガー向け試食会など、ブロガー厚遇施策が流行している。ペイパーポストは悪でブロガー厚遇施策は善といわれるが、それは本当か。両者を区別するものは何か。両者はまったく対極にあるのか。と、あえて問題提起したい。(後略)


これって、僕が感じた違和感(新幹線ブログのtoo much感)と、ちょっと近いな、と思ったのです。素直に。

で、関連する話しをちょっと調べたら、小さくはありますが、ブログ界隈でちょっとした議論になっているようです。

次回(?)のエントリーでは、この話題を詳しく考えてみたいと思います。
(今日はここまでw)
『クチコミの技術』番外編...ご本人様からご連絡いただきました!
ども、二ヶ月ぶりですw

いみじくも、前回のエントリーで、
「ブログは書き続けることが大事だけど、せめて読み続けても、それなりの効果がある」
ということを書きましたが、それも危うくなるような状況でしたw
(なんとかチェックしてますが。)

で、
『クチコミの技術』は読了したわけですが、
「みたいもん!」ファン(≒記事はほぼチェック)の僕としては、それが巧くまとまっている感じだなー、という印象でした。

ただ、新しい発見がなくても、再整理させたものを提示してもらい、再認識できただけでも良かったかな、と思います。
(もちろん、みたいもん!の記事が初見の方は、目いっぱいに意義がある本だと思います。ブログの本質を平易に語った良書です。)

これは、梅田望夫さんの『ウェブ進化論』にも言えることですよね。

やはり、「ブログ→書籍」は、コンテンツ進化の定石だなぁ、と、この件についても再認識したわけでありました。



さてさて、
その「みたいもん!」ですが、
個人的には、「ブログ界のタモリさん」という表現が気に入っていて、いしたにさんは、まさにそういう方だなあ、と。

つまり、どんなネタでも巧く咀嚼して、自分の文脈に持っていってしまう。
すると、PRコンテンツでも嫌味なく、むしろ興味深く読めてしまう、
という。

ところか最近の「新幹線ネタ」の記事は、ちょっとtoo much感があったのかなー、
なんてコメントを、ちょっと書き込ませていただいたわけです。

そしたら、ご本人様から
「スパム削除作業の際、誤って消してしまったので、再度投稿してもらえないか?」
というメールを頂戴しました!

これってスゴいことですよね?
こういった気遣い、なかなかできないですよね。

このオープンでフラットなスタンス(且つマメ!)が、αブロガーたる所以なんだなー、と実感した次第でございます、はい。
(自分も少しは更新しないとなーw)
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。