Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くわがたツマミその3...ウェブ世界から外へ。
くわがたツマミシリーズ!w
その1
その2

今回もちょいネタ情報。

ネット上のニュース記事に出てました。

いやー、やっぱり加速度がスゴイ。
これがウェブの醍醐味。

んで、やっぱりこのコメントに注目したいです。

「Flashがどうとか、素人コンテンツなのにすごいとか意識しないで見てもらいたい。Webで終わってはつまらないので、いろんな世代の人に見てもらって、ネット以外の世界にもはみ出していきたい」


ですよね。この意識、大切だと思います。
多分、もう間もなく、なのでは。予感がします。
(だって、こんな面白いの、誰もほっとかないでしょ。つーか自分、手出したいす。)
スポンサーサイト
「ホリの爆笑ものまね100連発」を見て...MSNサーチお試しキャンペーンは果たして盛り上がるか?
こんなキャンペーンを見つけました。

ホリの爆笑ものまね100連発

実際にサイトに行って、試してもらえれば分かりますが、要は、
MSN自ら企画した、MSNの「検索連動型広告」を利用しての、MSNサーチお試しキャンペーンです。

例えば、MSNサーチで、
テリー伊藤 ものまね
と入力して、検索してみてください。
(上記リンクをクリック!)
検索連動型広告欄に、「ホリの爆笑ものまね100連発」があるので、そこをクリックすると、ものまねコンテンツが見られて、さらに各種キャンペーン関係のコンテンツを楽しめるという仕組みになっています。

コンテンツ自体にも色々細かい不満はありますが、
(100連発だからといって、ものまねする人が100人じゃない点、中には微妙なものまねもある点などw)
まずは興味深い取り組みだと思います。

ちなみにGoogleで検索してみた所、今現在(2月21日午前2時50分)、一件も引っかかりませんでした。
(でも、ちゃっかりGoogleアドワーズに出稿しているトコはちょっとウケる)

ただ、このキャンペーン、次のような懸念があると思います。
[「ホリの爆笑ものまね100連発」を見て...MSNサーチお試しキャンペーンは果たして盛り上がるか?]の続きを読む
くわがたツマミその2...インターネットの潮流に乗ったポジティブなパクり文化
前回のエントリに続き、「くわがたツマミ」に関するちょいネタです。

というのも、Gスタイルさんのblogを拝見していたら、コメント欄でこんなやりとりがあったので、ご紹介。

わーい、Gスタさんにパクられた。はじめまして。どもども。
Posted by ラレコ at 2006年02月17日 08:16

>ラレコ
油断すると北の親子専門の方もパクリに来ますよ(ワラ
Posted by Gスタ at 2006年02月17日 12:28

実を言うと弟に作曲を依(ry
Posted by olo at 2006年02月17日 18:15


ちょっと、説明しないと分からない部分もありますが、そこは敢えてスルーw
Gスタイルさんと、oloさんのサイトを見ていれば、この会話の後半部は分かります)

注目は、くわがたツマミの作者である「ラレコ」さんのコメント。
[くわがたツマミその2...インターネットの潮流に乗ったポジティブなパクり文化]の続きを読む
くわがたツマミ...総表現者は面白いぞ!
もっと色々書きたいことはあるはずなのに、これが頭に残って離れません

※いつもコンテンツを見させていただいているGスタイルさんが書いているblogで紹介されていて、見つけちゃいました。

・・・でもGスタイルさんも、この「くわがたツマミ」なるものを作った作者の方も、やっぱり梅田望夫さん曰く
「総表現者」
なんでしょうね。
(あ。くわがたツマミの作者の方は本業かな?)

Life2.0の視点でいうと、

・総表現者の出現もそうだが、そのコンテンツを楽しむ側の変化も確実に進んでいる。(だから盛り上がる)

ということなんだと思います。
要は、(ネットのハイエンドユーザ以外の属性においても)見る側の姿勢に、
「マスコミのものが面白くてネットのコンテンツなんてチープだ」
という偏見がなくなってきたんだと思います。
むしろ、ネットコンテンツの方が、すごくのびのびしているなあと。

とにかく面白いです。ツボ。

※それにしても、「コアラ課長」といい、この「くわがたツマミ」といい、最近、流行なんすか?異種混合キャラが?!w
※ちなみに、作者はこんな作品もつくってるみたいですw
「ウェブ進化論」を読むその2...第二章から第四章まで
いやいや、再発見、再認識の連続です。
『ウェブ進化論』

やっぱり売れてるみたいですねー。スゴイ!早く買っておいて良かったw

前のエントリ(「ウェブ進化論」を読むその1)では、序章と第一章を紹介しましたが、今回は、
第二章:グーグル-知の世界を再編する
第三章:ロングテールとWeb2.0
第四章:ブログと総表現社会
と各論に入っていきます。

それでは、
各章で、再発見、再認識したことをメモしていきたいと思います。
[「ウェブ進化論」を読むその2...第二章から第四章まで]の続きを読む
牛乳に相談だ。と、熊と格闘CM。あと、Google video
ちょいネタです。

牛乳に相談だ。
は、話題にもなっていて、ここ最近の新しいマーケティングフレームを実践した優れた事例だと思うので、また機を改めて触れられればと思っているのですが、ちょっと脇道的なトピックスです。

このCM(ライオンと戦う)なのですが、
やっぱり、これを意識したんですかね?
(2001年カンヌでグランプリを争ったCM)
・・・いやホントに他意はなく、ちょっと気になったので。メモ的エントリですw


しっかし、Google videoはすばらしい。
普通の(?)GoogleでそのCM関連のワードを入れて、CM動画があるサイトを探そうとしたのですが、なかなか見つからない。
そこで、Google videoで
john west(クライアント名)
と入れて、検索したら、一発でヒット!
※是非、上記リンク「これ」をクリックしてみてください。
情報格差の均一化は、アマとプロの再編を進行させる...「きっこの日記」に思うこと
きっこの日記」(きっこのブログ)ってご存知ですか?
恥ずかしながら、私は今日、知ったのですよ。

それで、その日記と、その関連情報をざっと読み漁ってみました。

どうやら、本当に個人が運営している普通の(?)ヘアメークさんらしいですが、職業柄色んな人脈があって、色んな情報が入ってくるらしく、

・耐震構造偽装問題で、イーホームズの社長からメールが来る。
・ライブドア関連の野口さん自殺事件で、野口さんのご家族からもメールが来る

というスゴイ人ですw

他にも、
人気アイドルから灰皿投げつけられた
人気アイドルがADにたばこ買いに行かせている
という、先日アイドルの喫煙を報道したフライデーもびっくりの情報を公開していますw


それで、改めて思ったことを書きます。
[情報格差の均一化は、アマとプロの再編を進行させる...「きっこの日記」に思うこと]の続きを読む
冠協賛に留まらないイベント活用...ゴルフのPGAツアーのBuick(←車の名前)インビテーショナル
よく読んでいるblog「ZEN's Extended Brain」のちょっと古いエントリですが、スゴイと思ったのでご紹介。

GM社がBuickブランドで冠協賛しているゴルフツアーをキャンペーン化しちゃったもの。
やるGMもスゴイが、勝つタイガーもスンゴイw
詳細はこちらをご参照ください。

でも、こういうアプローチって今後重要になってきますよね。
いままで、日本での冠協賛って、ほとんど意味ないものが多い気がします。(定番という価値を度外視すると、尚更。)

それが、このキャンペーン事例では、コンテンツ(ゴルフツアー)の内容が、キャンペーン(タイガー勝ったら車プレゼント)を左右し、そのキャンペーンが、コンテンツを盛り上げているという、見事な相乗効果を上げています。
結果、このキャンペーンは、Buickブランドへの関与を高めています。
(言うまでもなく、ただの「冠協賛」だけでは創り出せないでしょう。でもその協賛費用に、たった車一台分の投資をするだけで、こんなにも盛り上がるキャンペーンを創出できるのです。)

また当然、コンテンツ中に放映されるCMも、そのキャンペーンの告知になっています。またプレゼントされる車も「タイガー仕様」になっているようです。いや、徹底されてます。
日本国民総mixi?その4...mixiはインターネットの一部にならんとしている。良い意味で。
さてさて、お馴染み(?)mixiシリーズです。

その3や、その2のエントリでは、
「mixiは、生活者のWeb2.0に対する障壁を(心理的にも技術的にも)取り除いていくことで確実に会員数を伸ばし、今年中に1,000万人を突破するかも」
ということを書きました。

ただ、今回は、ちょっと視点をズラしてみようと思っています。
即ち、上記のエントリを書いているときに、ふと浮かんだ疑問、

「このまま会員数が増えていったら、mixi内での閉じたインターネットになってしまい、インターネット全体の情報検索精度は落ちてしまうなあ。」

が浮かんでいたのですが、
その疑問に対して、mixiはどうやら、ちょっと異なるスタンスで答えを出しはじめたようです。

それが、2月8日に新しくリリースされたサービス
[日本国民総mixi?その4...mixiはインターネットの一部にならんとしている。良い意味で。]の続きを読む
「ウェブ進化論」を読むその1...序章と第一章
いやー。ついにです。

『ウェブ進化論』本当の大変化はこれから始まる

買いましたー!

ちなみに今アマゾン行ってみたら(2月10日のちょうど0時くらい現在)
本全体で9位です!スゴイ!思ったより売れている感じがします。
(というのも「少し難しいかも」とか「みんなそんなに興味ないんじゃないか」とか少し懸念してたのですが、そんなことなかったみたいですね。)

さて、
序章「ウェブ社会-本当の大変化はこれから始まる-」
第一章「『革命』であることの意味」
を読んだ感想です。
[「ウェブ進化論」を読むその1...序章と第一章]の続きを読む
最近、ちょっと気になった広告2つ...朝日新聞とニューバランス
ちょっとWebの話しが続いたので、ここで広告の話題を。

その1「朝日新聞」の「ジャーナリスト宣言。」

・・・うーん。。。
って感じですねぇ。最近やたらと見ますが。

クライアントとして、何を以って、この広告を展開しようと思ったのでしょうか?
・過去の報道を反省して?
・ジャーナリストとしての権威復活のため?
・最近、ネットで叩かれる傾向が強まるばかりだから?
・特に何も考えず、「原点に立ち返ってみました」系?

・・・うーわからん。まったく。狙いを教えてほしいです。真の。
個人的には、
ジャーナリストには個々人の見方の偏りがあるとの立場をとった上で、これからも(更に)堂々と今までのスタイルを貫くための起爆剤」
といった感じかなあと考えております。
少なくとも、「最近の叩かれ感」は意識しているハズなので。

さて、もう1つ気になった広告です。
[最近、ちょっと気になった広告2つ...朝日新聞とニューバランス]の続きを読む
何かと話題のロングテール...ちょっとメモ的に。
さて、今まであまり触れてこなかったのが不思議なこの話題「ロングテール」についてです。

※ちょっと余談。
ロングテールは、あの有名なパレートの法則を崩すものと言われていますが、それは違うと思うのです。
ここを見ても分かるように、パレートの法則は、自然法則の1つと捉えてもいいくらいだと思います。
なので、法則が崩れるのではなく、法則を適用しようとしているネットワーク構造が変わったと捉えるべきかなと思っています。wikiの例にも出ているように、アマゾンなんかが正にそうでしょう。構造の変化で本来生ずるべきコストが発生しないので、ロングテール効果が出てきます。
つまり、法則(パレートorロングテール)はどっちが優位とか言う訳ではなく、ネットワークの質により適切な法則が決まるのだと考えています。これが1.0的構造と2.0的構造の根幹を成しているような気がしてます。まだちゃんと考えていませんがw


さて、大分脱線してしまいましたが、本来書きたかったのは、上記のようなことじゃなく。
[何かと話題のロングテール...ちょっとメモ的に。]の続きを読む
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。