Life2.0
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはず。 それを「Life2.0」と捉えて、いろいろな事象を考えていくblogです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【お知らせ】...twitterが楽しくなってきたので相互フォローしませんか企画
日頃から、Life2.0をご覧になってくださっている皆様、
こんにちは。

タイトル通りなのですが、相互フォローしましょう!

左の「プロフィール」にも書きましたが、
dreamyou
ですので、よろしくおねがいします!

※ブログを書いている方は、
 twitterのプロフィール欄で、明記しておいてくださると、
 助かりますです。
スポンサーサイト
お知らせ...はてなブックマークを使い始めました
お知らせです。

はてなブックマークを使い始めました。

dreamyou

というユーザー名です。
もし宜しければご覧ください
http://b.hatena.ne.jp/dreamyou/

・・・しっかし使いやすい!はてぶ。
何をいまさらという感じですがw

今まで、ウェブ上で気になったネタは会社と家に、URLと気になったポイントを記して、「【ねた】○○」という題名を冠して、メールで送り、「ネタフォルダ」に溜めてました。
その中から、気が向いたものを、このブログの記事にしたり、仕事のネタにしたりしていました。

が、その面倒臭さが一気に解消できました。

だけでなく、
ネタが一覧でき、検索でき、使いやすくなりました。

だけでなく、
自分の興味関心領域が可視化されました。

※今はどうやらモバイルに興味がシフトしつつあるようです。
 きっともうすぐ、何らかのエントリを上げると思います。

だけでなく、
公開しているので、もしかしたら、意見がもらえたり、何か質問されたときには、「dreamyouのはてぶにその関連記事が載ってるから見て」で済んじゃったりします。

マーベラス!

とゆーことで、
これから、このブログの更新頻度も、も少しだけ上がるはず?w
感謝。
今日(8月6日)、ふとアクセス解析してみたら、えらい数のアクセスがあったので、リンク元URLを見てみたら。。。!

広告会議」さんのこのエントリでご紹介をいただいた影響でした!
ありがとうございました!
(というかスゴいリストの中に入っちゃってて、ホント恐縮です。。)

で、よく本文を読んでみると、

以前「広告深夜族」さんにてこの記事と同タイトルの記事を書かれていたのを見習い、御礼含めて(勝手ながら・・・)よく読むブログ3カテゴリーを下記に一部抜粋掲載させていただきました。
(広告会議)


とのこと。
広告深夜族」さんも、自分がよく読むブログです。
そこでちょっと探してみたところ・・・。
なんとこのエントリで紹介してくださっているではないですか!
ありがとうございました!
(というか今まで気づかなくてスミマセン。。アクセス解析、久しぶりにやってみたものでして。。)

何かとっても嬉しいです。
これからも地道に書いていこうと思いますので、よろしくお願い申し上げます。
(そしてこれからは、できればもう少し分かりやすくw)

・・・自分の中で、1つの理想があります。
この領域の知見が、このようなブログ群によって、形成されていく、ということ。
まさにWeb2.0的なアプローチです。
その中の1つとして、少しでも貢献していければ幸せです。
Life2.0と捉えることの意味
さて、主眼です。
(といっても至ってシンプルな視点ですが。ただ、構造化して用語にすることは意味があるかと思っています。)

上部看板のとおり、
「Web2.0」時代到来の背景には、生活者自身の気づきや態度変容があるはずです。
(画期的なツールが開発されても生活者の利用意向がなく廃れていったモノの例は数あるでしょう)
(また、ツールによって潜在的欲求が顕在化したという側面もあるかと思います。)


具体的には、
・消費者から生活者へ
・検索という新しい行動(AIDMA→AISAS
(補足。AISASについては、Eコマースに限られて語られる場合が多い気がしますが、個人的にはもっと広義に捉えても良いと思っています。)
・マス情報への不信感(マスコミは必ずしも絶対ではないという気づき)
・嗜好の多様化(興味の有無の二極化)
・人付き合いの変化(タテマエから本音へ)
(補足。「会社」「近所」などの社会構造による交流は最低限にとどめ、趣味・嗜好の合う人との交流が盛んに。)
などがすぐに思い浮かびます。

ここから、このような意識の顕在化を、「Life2.0」と捉えて論旨を展開していきます。
[Life2.0と捉えることの意味]の続きを読む
2006年 年賀状連動企画。
2006年の年賀状

あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。
思えば世の中にとっても自分にとっても「変化の年」だったと思います。
ブログ、のまネコ電車男生協の白石さんサザエさんiPod...etc.といった、マスコミではなく生活者発のコンテンツが話題となり、所謂「Web2.0」(Web環境の発展による生活者の情報発信・共有化)を実感した年でした。

でもそれは、生活者が「自分が主体的に情報授受でき、既成概念に囚われずにLifestyleを表現できる」ことに気づきはじめた表れなのではないでしょうか。

「Life2.0」意識の顕在化です。
私にとっても、仕事も遊びも、主体的に楽しめた一年だったと思います。
今年もより一層、お互いが表現豊かに主張し、交流を深められれば幸いです。

それでは本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
[2006年 年賀状連動企画。]の続きを読む
タイトル、変えました。
謹賀新年。

さて、昨年まで
「日々是妄想...contents, context, communication, and so on.」
という長いしよく分からないタイトルでしたが、
「Life2.0」
に変更しました。
[タイトル、変えました。]の続きを読む
copyright © 2005 Life2.0 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。